Menu
Close

クロマトグラフカラム

Tanttiのモノリス型カラム(Tantti®Monolith)は世界をリードする技術を持ち、自己集合と重合反応(In-Mold Polymerization)によって、高い連通性と均一な細孔構造体を生成します。このハニカム構造体は、生物医薬などの関連製品の生産プロセスについて、大幅に高分子精製のネックを突破し、各種類の蛋白質と抗体の分析速度を上げ、エクソソームとヴィルス粒子等の生物医薬の生産速度を上がることができます。従って、蛋白質医薬やワクチンの生成コストを削減します。更にこの技術は吸着の場合で、各微量物質を取り除くこともできます。例えば、エンドトキシン、循環腫瘍DNA(circulating tumor DNA)、ワクチンを生産する際にDNA不純物、宿主細胞蛋白HCPなど、産業アプリケーションの面に使用されます。研究室の実験から川下の精製、及び生成量まで、Tanttiのモノリス型カラムのユニ―ク性と競争力のある技術は川下の精製材料として新しく開拓される市場としてマーケティングを提供し、更に満たされていないニーズにも新しい解決策を提供します。
サンプルリクエスト
ピーク波幅が狭く、サンプルの解析度が高い、データの再現性も良い。
ピーク波幅が狭く、サンプルの解析度が高い、データの再現性も良い。
耐化学性が良く、pH 2-13の操作範囲で出来ます。
耐化学性が良く、pH 2-13の操作範囲で出来ます。
高流速、低背圧、機械強度があり、処理効率も高い。
高流速、低背圧、機械強度があり、処理効率も高い。
サンプルのキャリア量が多く、精製に利用する時、捕捉または精製段階で使用でき、量産が簡単にできる。
サンプルのキャリア量が多く、精製に利用する時、捕捉または精製段階で使用でき、量産が簡単にできる。
表面の修飾反応の多様性をもち、カスタマイズが可能です。
表面の修飾反応の多様性をもち、カスタマイズが可能です。
孔が規則正しい構造で全体的均一性もよく、ロット再現性が優れ、低コストでしかも材料の再利用率が高く、寿命も長い。
孔が規則正しい構造で全体的均一性もよく、ロット再現性が優れ、低コストでしかも材料の再利用率が高く、寿命も長い。

 

液体カラムクロマトグラフィーとは?

バイオテクノロジーが進歩するにつれて近頃ではバイオ医薬品製薬が発展し、製薬産業のダウンストリームプロセスにおける分析・精製市場の成長をもたらしています。分析と精製市場のうち、分子の大きい薬物に対してより高速で効率的な液体カラムクロマトグラフィーは業界がこぞって注目するターゲットとなりました

 

液体カラムクロマトグラフィーの応用範囲は水質浄化、バイオ医薬品製薬、食品分析など非常に広範囲におよびます。《新型高速クロマトグラフィー充填剤の研究およびバイオ医薬品の分離精製への応用》のレポートによると、ダウンストリームの分離精製プロセスがバイオ製薬におけるコストの50〜80%を占め、これがバイオ医薬品生産のネックとなっています。バイオ医薬品製薬において分離精製プロセスへの挑戦の向上にしたがって、新型バイオテクノロジーの応用領域が多く増えていきます。クロマトグラフィー充填剤や媒体材料は、クロマトグラフィ-システムへの応用に新しいきっかけとなっていきます。

 

 

モノリシックカラムは液体クロマトグラフィーにおける応用

従来のカラムは内部にマイクロ粒子が均一に充填され、物質が固定相とこれに接して流れる移動相との親和力(相互作用)の違うことから一定の比率で分布し、その比率が物質によって異なることを利用して各物質を分離する方法です。従来のカラムの欠点は、粒子間の空隙が小さすぎることで、移動相が流れる際に大きな背圧が発生し流速が減弱することです。それゆえに、現在業界では従来のカラムの他にモノリシックカラムを使用して精製することが非常に流行しています。モノリシックカラムは内部に粒子を充填した従来のカラムとは異なり、カラム内部は流路と骨格が一体となった基材です。その基材内部には不規則な流路が存在し、空隙が従来のカラムより大きいため、分析効率が上がるとともに背圧が低減されます。モノリシックカラムの速度は従来のカラムの2倍以上で、精製の効果は同じであると研究ではっきりと示されています。特にバイオ医薬品の製薬におけるタンパク質の精製やモノクローナル抗体の精製やウィルスの精製に適しており、その主要な理由はこれらの比較的大な分子がモノリシックカラムの大きな流路を素早く通過できるからです。

 

 

Reference: The Emerging Generation of Chromatography Tools for Virus Purification

 

 

 

 

 

Tantti® モノリシックカラムのご紹介

当社が開発したモノリシックカラムは、ハニカムのような独特な構造を持ち、内部の流路構造はマイクロ粒子大面積ビルディングブロック技術を利用してマイクロ粒子をカラムに充填し、マイクロ粒子間の空隙内に高分子またはその他の関連材料を流し込んでマイクロ粒子を除くと孔径の均一なモノリシックカラムになります。流路が比較的大きく相互に繋がっているため、モノリシックカラムは大幅に背圧を低減します。また、移動相の流速を上げ、分析にかかる時間を減少させて分析効率を高めます。カラムの内部の細孔は全て均一な大きさで、形成されたハニカム構造の流路は移動相が流れる長さを等しくします。それゆえに、市場に出回っているモノリシックカラムよりも分析精度がさらに高く、データにより証明された再現性を有します。逆フォトニック結晶である構造は対称で安定しており、機械的強度も高く、一般のモノリシックカラムに比べてより高い圧力に耐えることができます。当社のモノリシックカラムの空隙率は74%に達し、移動相の接触面積を有効的に増加させ精製効率を高めます。

 

弊社は自力で色々な粒径と官能基を持つナノマイクロ高分子粒子を開発しました。この高分子粒子は均一なサイズを持っています。長い年月の努力により、プレートとシリンダのモノリシック構造体を開発し、パテントを取得しました。これにより、材料の改質および官能基などをお客様のニーズに合わせてカスタマイズできます。

 

 

 

 

モノリシックのアプリケーションはポロセスと構造デザインに強い関係を持っています。構造デザインはマーケットのリクエストによって、スペック(粒径、形、成分、並ぶ方等)を取り決めます。マーケットの競争目的を確立してから、製品のリクエストとプロセスとデザインについて、コストダウンと高い効率の生産方式を行います。弊社のモノリシックの技術はカラムの孔の大きさ、連通性をコントロールすることができ、材料の表面の修飾反応によって、色々な官能基(カチオン、アニオン、親疎水性、アフィニティ等)を加えます。この高い連通性は近年のマーケットのリクエスト、即ち大きい分子(各種の生物分子)の精製に応えます。モノリシックのアプリケーションは少量物質のファスト分析とバイオ薬品の大量に精製することを満足できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

×
クロマトグラフカラム